HOME > ご挨拶

ご挨拶

チームスローガン

~良き技術は 良き人格から~
主将挨拶
【リーグ戦を終えて】

はじめに
いつも八戸工業大学 硬式野球部を応援してくださりありがとうございます。

今年も私たちは、一部昇格を目標に春季・秋季リーグ戦に挑みました。
結果は、2部リーグ残留でした。 その中で振り返るとたくさんの思いが溢れて来ます。
春季リーグ戦では、新しい戦力が加わってのリーグ戦、4番DHとしての役割を果たせず優勝決定戦で盛岡大学さんに敗れ、とても悔しい思いをしました。  
秋季リーグ戦では、主将として初めてのリーグ戦でもあり、春までチームを引っ張って来て頂いた4年生の方々の大学最後のリーグ戦でした。この大会でも春季リーグ戦と同様に優勝決定戦で盛岡大学さんに敗れました。私たち個々の能力の無さはもちろんですが、私の主将としての力の無さを知りました。
悔しいことばかりではなく、大館トーナメント大会では、ベスト4という結果でした。
2回戦で、富士大学さんと対戦し4対3で勝ちチームとしての自信、また個々としての自信につながる試合になりました。
オフシーズンに入りますが、今までとは違い、自分の気持ちや野球の能力、さらにチームの状況を見つめ直す時間になると思います。今年の結果を素直に受け止めチームを引っ張っていきます。
最後に、来年こそは良い結果報告ができるよう、必死に練習をしていきたいと思います。

八戸工業大学硬式野球部の応援よろしくお願いいたします。


主将 荒川 晟(盛岡工業:岩手県)
2年キャプテン挨拶
【リーグ戦を終えて】

今年は、3年生に甘えることが多かったため、来年の春は3年生に恩返しし、甘えるのではなく、自分たちがチームを引っ張っていく強い意志で生活面・練習・試合に取り組みたいと思う。
また、たくさんの方々のサポートのおかげで野球が出来ているということを忘れず、
謙虚心を持ちプレーしたい。

これからも、八戸工業大学硬式野球部の応援よろしくお願いいたします。


2年キャプテン 濱道 颯太(八戸工業大学第二:青森県)
主務挨拶
【リーグ戦を終えて】

平素より八戸工業大学 硬式野球部への
ご支援・ご協力をいただき、誠にありがとうございます。


八工大 硬式野球部が常に大切にしていること
それは、人と人とのつながりであり
そしてそこに、真心が込められているかということです。
これは、チーム内にも通じています。
一緒に闘う仲間だからこそ
その間には嘘なく、真正面の自分自身で向き合う。
いつも全力で指導してくださる監督だからこそ
本当の自分でぶつかり、直向きに野球をする。

私は、『どんなときもストレートに』生きる選手の姿を
誰よりもそばで見てまいりました。
そんな純真な選手一人ひとりの生き様が
今、目の前に迫る全ての試合に
結果として表れることを切に願いながら
最後までともに闘って参りました。

後ろを少し振り返ると
皆様の温かい御言葉やサポートが
私たちの背中を押してくれていることに気づき
決して1人ではないということを感じます。
この心強さと感謝の気持ちを胸に入替戦まで昇り詰め
来季こそ『1部昇格』という目標を成し遂げたいと思います。

どうぞ皆様
引き続きご声援のほどよろしくお願い申し上げます。

主務 関口 結実(八戸北:青森県)

ページトップへ